BD7 2015とお風呂に入りました

      2018/09/05

●今日は、久しぶりにBD7 2015とお風呂に入りました(笑)

BD7かTA05かTRF417のどれにしようかな~?(レースにでるなら)

この記事で、レースにでるならBD7 2015と決めたので

「出よっかな~」と眺めていたわけです。

BD7 2016が出てから買った、私にとっての最新ハイエンドツーリングカーなのに、家の前で軽く走らせるだけなので一度、これでレースに出てみたいです。(バッテリーホルダーは自作で、ショートリポ用)

ただ、レースに出ようとしても、スペアパーツがないのでどうしよっかな~って感じです。いくら久しぶりのレースとは言え、壊れるほぶつけることはあり得ないですけど、カツンと低速コーナーでひっかけることはあるでしょうから、冬は樹脂が割れやすいですから不安です。同じメカレイアウトでスペアパーツが一杯あるTRF417を、受信機とサーボを乗せた状態で用意して、BD7 2015が壊れたらサッとアンプとモーターを乗せ換えて対応するしかないかな~なんて考えたり。

スポンサーリンク

BD7 2015は、モーターを1センチほど前に積める、フォワードモーターコンバがあるから、他メーカーの似たりよったりのハイエンドカーのより走らせやすいと思われるのと

このパーツが好きなんです↓[クロスバルク]

加工が芸術的です。

NC旋盤という加工機械で、どんな高度なプログラムを組んだのかと考えるだけで、よだれが出ます(笑)

↓この記事を書くために説明書をネットで見てて気づいたのですが、BD8 2018は、このクロスバルクがオプションになっていました。

「BD8 2018」「TRF419XR」「TF7.7」どれを買うか?妄想しました。

クロスバルクがないなんて、買う価値無しですね。

(そんなことない、オプションで買えるんで(笑)

スポンサーリンク

 - ツーリングカー