ラジコンを子供におすすめする時に読む記事(トイラジコン/ホビーラジコンとは?)

      2018/09/05

●ラジコンといえば車?

ラジコンといったら、ひと昔前は車であることが当たり前のようでしたが、今はドローンがトレンドとして、盛り上がりがありますが、ドローンは空中ですし、いろいろ法律規制があるようで難しいイメージ(実際操縦も難しい)ですので、需要としてはやっぱり車ということになるのでしょうかね。

もちろんラジコン=(イコール)子供のおもちゃ。

ということの連想で、=(イコール)車となってしまいますよね。

そして、クリスマスや、誕生日の男の子用のプレゼントとしては定番ですよね。

スポンサーリンク

●ラジコン=車(ラジコンカー)ですが、ラジコンカーと一口に言っても 大きく2つに分かれます

 〇トイラジコン(名前の通り「おもちゃラジコン」)

デパートや総合商業施設などのおもちゃコーナーで普通に売っている、ひとつの箱に完成済みの車体と、操縦機が入っているもので、乾電池で動き、乾電池は別売りです。

 〇ホビーラジコン(名前の通り「趣味ラジコン」)

おもちゃ屋さんなどではなく、模型専門店で売っている、ホビーラジコンというように「趣味としてのラジコン」ということで、専門性が高いものです。

車体は組み立て式であったり、車体以外の操縦機、電池、その他必要なものをそれぞれの用途に合った好みの物を組み合わせてばら売りで買い揃えることで走行することができるものです。

〇といラジコンとホビーラジコンのその他の違い

前述しているとおりの違い以外にも、違いはたくさんあります。

ここからは対比形式でわかりやすく書いていきますね。

・価格

・トイラジコン →大きさや、材質、車種など様々で価格も様々ですが、おおむね実売価格で3,000円~10,000円といえるのではないでしょうか。別途乾電池代が要りますね。

・ホビーラジコン →大きさは、1/10スケールという規格のものがほとんど、といえ車体、操縦機、電池、その他必要なものをそれぞれの用途に合った好みの物を組み合わせてばら売りで買い揃えるので、もうそれこそ様々です。だからこそ専門知識が要るので専門店で売っているのです。

「そんなこと言われても大体の価格を知りたい」

という方のために書くと、25,000~150,000円(爆)と書いておくしかないでしょうね。

・スピードその他

・スピードは圧倒的にホビーラジコンのほうが速いですし、もちろん構造的にもハイパワーなモーターに耐えられるように考えられて作られています。私はスマホアプリで速度を計ったことがありますが、80キロ出てました。

・その他として、必述しておかなければいけないことに、トイラジコンは「前」、「後ろ」、「右」、「左」とオンかオフしかないのに対し、ホビーラジコンは「前」のなかでも、「ちょっと前」「少し前」「だいぶ前」「いっぱい前」速さをコントロールできます。同様に「ちょっと右」「ちょっと左」「少し右」「少し左」・・・・

と言葉で伝えなければいけないので段階的な表現ですが、無段階にコントロールできます。

そこにトイラジコンにはない楽しさ、飽きの来なさがあります。

「トイラジコンとホビーラジコンの違い」はこの点が大きいです。

〇ホビーラジコンのおすすめはやっぱりタミヤ?

タミヤ以外にも、日本のメーカーですと、ヨコモ、京商が三大メーカーとされています。タミヤがおすすめ、というか、タミヤしかおすすめができない、という状況であるという言い方があてはまるでしょうか。一番安く(前術した25,000円)揃えようとするとタミヤしかないので初心者様へのおすすめ、ということになるとタミヤしかない、ということになります。

スポンサーリンク

 - その他ラジコン関連