MX-Vや3PVなどのプロポを買う時のひとつの視点

      2018/09/05

●プロポを買うとき、特に初めてならなおさら迷いますよね。

なかなか決められないその迷いの中で、考慮した方がいい、選び方の一つの視点にこういうのがあります。

「初めはローエンドで始めるけど、いずれはハイエンド」

という人は

「いつか買いたいハイエンドを決めて、そのプロポのメーカーで選ぶ」

という決め方があります。

スポンサーリンク

ハイエンドはそのメーカーの顔、つまりデザインに、そのメーカーの特色が表れているのです。

「いつかはこのハイエンドが欲しい」

そのいつかが訪れたとき(ハイエンドを買うとき)は、モデルチェンジしていたとしても、そのメーカーの特色は残ったままですので。

要は「メーカーでプロポを決まてしまう」

という考え方があります。

ということです。

 

あとですね。

メーカーによって「機能の呼び方」が違うことも、いずれ買いたいハイエンドプロポのメーカーから買うプロポを決める理由です。

全く同じ機能でも、呼び方が違うので、メーカーを変えてしまうと「なにそれ?」となってしまうのです。

まだありますよ。

メーカーで決めてしまう理由は。

そのローエンドの時についていた受信機が使えるので、送信機1台でもう一台にローエンドの時についていた受信機を使えば、プロポの設定ひとつで、もう1台動かせるようになるからです。

送信機と、受信機はメーカーを統一しないと使えませんのでね。

 

メーカーが決まってしまえば、あとは予算や、取り組み方に応じて

ローエンド、ミドル、ミドルハイ、ハイエンド

のクラスを決めるだけですからね。

スポンサーリンク

 - プロポ関連, 初心者様におすすめ記事