「わたし、最下位になりたくないんで」 (ドクターX・大門未知子風)

      2018/09/05

●私は10年以上、レースで(予選決勝込み)リタイアしていません。

その理由、ノウハウとは!?ズバリ!

『ゆっくり走ること(爆)』

カミングアウトします!

「おぬしもワルよのう」といわれるかもしれませんが正直に言うと

「私は、レースで走行中、誰かがぶつけたりでリタイアするのを今か今かと待ちながら、リタイアするまでゆっくり走っています」

(リタイアしてしまえば最下位はない)(やっぱりワルだ)

「そしてその後も、速くというか、ぶつけないように速めに走ってます」

(ずっと黙ってて心苦しかったのでスッキリです)(笑)

 

「わたし最下位になりたくないんで」

(大門未知子風)(←わからない人は検索してみて)

スポンサーリンク

リタイアすると、なんかすごく損した気分ですよね?

例えば7分走れたのに、リタイアで5分しか走れなかったとしたらお金がもったいなくないですか?(笑)

 

ゆっくり走ってるのに、優勝経験があるのは、他力本願ですね(笑)

〇私より速い人が生き急いでリタイアしてくれた

〇私より速い人がそもそもいない

〇セッティングはしませんが、「どこでもそつなく走るたった一つのセッティングノウハウ」が、たまたまその日その時に、セッティングをちまちましている人よりも当たった

〇タイヤ自由のレースで、たまたま、気温と、路面温度と、湿度が当たった(タイヤ自由のレースなら、迷わず入手しやすいソレックスというメーカーのを、どんな場所だろうが使います)

のような他力ですね。

 

そして、↓この過去記事の中で、動画で公開した方法も実践していること

「レースで不具合によるリタイアをしなくなる方法」動画

「ちゃんと走る車へのチェック&対策」動画

その他にも

「100%剥がれないタイヤ接着法」

のノウハウを確立しています。(いつか公開します)

 

あと、レースでの走らせ方についての記事を書いたついでなのですが、

「後ろから速い車が近づいてきたのに譲らない人っていますよね?」気づいてほしいのですが、後ろから来た速い人のタイムを遅くしているのと同時に、実は自分のタイムも遅くなって(妨害することで接触したらもっと)いることに気づいて欲しいのです。見てると「気づいていないんだろうな」とかわいそうな感情になります。

レースの勝敗は、ラップタイムではなく、トータルタイム(周回数)ですので、遅いことを素直に認めてサクッと譲りましょうね(笑)

スポンサーリンク

 - その他ラジコン関連