私が求める欲しいツーリングシャーシ 10のポイント

      2018/09/05

●欲しいツーリングカーシャーシがない

ハイエンドはそもそもあのレイアウトが嫌い(バランス悪い)なのに、その嫌いなものの色違いで個性がない。

高い。メインシャーシが幅狭でかっこ悪い、バッテリーがテープ止め。好きな箇所が無い。

ということで表題どおり

「私が求める欲しいシャーシ 10のポイント」

を掲げてみました。

 

「私が求める欲しいツーリングシャーシ 10のポイント」

1.カーボンダブルデッキ(アルミメインシャーシは嫌。カーボンフェチですので)

2.アルミパーツ多く、色は赤(金属大好き、そして好きな色は赤)

3.モーターはセンター付近より前(後方にあると、グリップが抜けたときケツが出る)

4.ショートダンパー(メインシャーシが路面にこすれるのが嫌で車高を上げるのでショートダンパーステーでないとボディを低く乗せられない)

5.モーター、バッテリーの重量物の搭載位置はシンメトリー(左右の曲がり方のクセを気にしなくてよい)

6.ベルト駆動の場合は、ワンベルトか、等長。(加減速で前後輪同時に力が加わりクセがない)

7.センタープーリーは20T以上(駆動効率の悪さが気になる)

8.アッパーデッキはシンメトリー(かっこ悪くなる)

9.メインシャーシは幅が広くメカがはみ出さない(かっこ悪くなる)

10.前後重量比 前:55 後:45

 

走らなくてもいいんです!自分好みでかっこよければ!(笑)

スポンサーリンク

 - ツーリングカー